RX-139 ハンブラビ 【製作過程】


機動戦士Zガンダムでヤザン・ゲーブル(ティターンズ)が搭乗したモビルスーツです。
当時中学生だった私は結構このモビルスーツが好きでいつかは製作してみたいと思っていました。
月日は流れ、おやじになった私がふと立ち寄ったプラモ屋で発見。即効GETしました。
昔からハンブラビはコウモリだと思っていたのですが、エイだったんですね(箱に書いてました)。

リックディアスはほったらかして(やっぱ難しいです)、ハンブラビで初改造してみたいと思ってます。
改造レシピはガンプラ本の中にある「GUNDAM WARS PROJECT Z」に ハンブラビの作例が載っていたのでそれを参考にしたいと思っています。


箱の中身です。
説明書、濃い青のパーツ、薄い青のパーツとポリキャップです。
MGやHGに比べると部品が少なくて良いですな。。。。
ここまでは。。。


仮組みをしてみました。ここから地獄のはじまりでした。

最近のガンプラは、仮組みしてもカッチっとはまるので苦労しないのですが、旧キットって接着するのが 前提だったんですね。。。忘れてました。

仮組みが終わった正面の写真です。マスキングテープがイタイタしいです。


斜め後ろからの写真です。仮組みの苦労が伺えます(自分でいうな)。

ここまできたら変形した写真も取りたい。
と思ったのが間違いでした。


これが変形後の写真です。この形態にするまで格闘すること約30分。仮止めしたテープが はずれるやらで、なかなかできない。「ふっ。かわいいな。こいつ」って。

ということで変形形態の正面です。



変形形態の後ろ側です。色を塗る個所が多そうです。


ハンブラビも私も疲れ果てました。。。


続く...はず。。。

是非、ご感想を掲示板に書いてください!!