MS-14JG ゲルググJ


ゲルググJの製作で初めての試みを以下の2つ試してみました。
・本来別々のパーツと思われる個所に筋彫りを入れることで別パーツのようにみせる
・ピンバイスでの穴あけ、市販のリベットを用いてメカっぽさを表現する
結論からすると、やりすぎには注意しましょうということですね。(^_^;)


ゲート処理、合わせ目消しまで終わった状態です。全体的に1000番の紙やすりで磨いてます。実はこのとき力を 入れすぎて左足の足首を折ってしまいました。真鍮などで修理するのでしょうが、接着剤ですませました。


近くのプラモ屋でWave社製のリベットを買ってきました。今回はこれを使います。


いつも参考にしているWEBサイトを見るとエッチングツールが便利だということだったので、これも買いました。


けがき針です。今回はこれで別パーツにみせるように、がんばってけがきます。


エッチングツールを使って、指の間に溝を作りました。これでかなりイメージが変わりました。


写真では見にくいですが、けがき針を使って、ガンガン細い隙間を作りました。


ピンバイスによる穴あけやリベットをつけるために、あらかじめマジックで場所を決めました。 黒い点が所々についているのがそうです。


リベットをつけた後です。センスがないです。


グレーの部分でバーニアや腕の一部はシルバーにしたいので、サフを吹きます。


サフを吹いた後です。


足、肩、ふんどし(?)の裏をつや消し黒で塗りました。


ほんでもって、出来上がりです。省略してますが、モノアイの部分の塗装、エナメルによるスミいれ、 ピンバイスで彫った穴にシルバーを塗りました。 この後はつや消しスプレーを吹いて終わりですが、 時間がなくなったので来週します。

是非、ご感想を掲示板に書いてください!!